So-net無料ブログ作成
ご近所さん ブログトップ

田舎のご両親の事 [ご近所さん]

 急に思い出しちゃった事を書き綴ってみます
  想像力たっぷりでもって 読んで下さい

   ホニャ地域 老夫婦だけ や 独居老人 のお宅がほとんどです。
   越して来て、3年目を迎えた頃、外面が大変よろしいホニャ
   もう随分前からココに住んでたかの様に振る舞っていた頃

 隣の隣のお爺ちゃん(90歳は越えている)
              老夫婦のみで暮らしている

   お爺ちゃんが庭で何やらされている前を通りかかったので

    「 コンニチハー ♪♪ 」

       ただ、、何気に挨拶をしただけなのに
  クルッと振り返りっ メガネのから見据えてっ!

        

     

       名前 「 HG 」 (ハードジジイ)

     あぁーーー しまった、、、私が、わかんないだ、、、、しまった、、、
                      と気が付くの遅し、、、、、

      イキナリっ
          ハッと気付いた様子で
        今まで見た事も無い 早足で2、3歩近寄って来て!

      


    ・・・・・・・・

       しかも、、ナゼに男????

   あのね、真意の程を語らせて頂きます!

90過ぎてるお爺ちゃんに真剣に殴られるかと思ったぁーーっ!!

   わかる?わかる?この気持ち!

   腰の抜ける一歩手前で 慌てふためいて、、

「 と、、、と、ととと、、隣の隣のホニャですー!!」
    

タ~スケテェ~ ダ~レカ~ 90のジイ様に殴られるぅー

   やっとの思いで名前を告げた 途端にっ

   

「 なーんだっ!ホニャさんかっ チッ 」

           だって・・・・・・・・・・舌打ちまでしたぞ

 恋でも無いのにっ 
 このはち切れんばかりの心臓のドキドキバクバク感はっ
 どうしてくれるぅーーーっっっっ!!!

 あのね、遠い田舎に年老いたご両親を残されてる方
    勘当されちゃって疎遠されてる方  
     何のかんの言ってもいつまでも子供の事を心配されてますよ

                         そいう事。

 しっかし、年寄りの絵を書かせちゃ上手いなー(自分で言う)うろ覚えでもシッカリ書けるぞ ナゼナゼ??


前の家のオバチャン [ご近所さん]

普段のオバチャン  

 マリアーヌ(仮名)
             あたりめーだろ だーれがマリアーヌだ!

 * 歯が 馬並みっ
  オバチャンを見ても馬を思い出すし、馬を見てもオバチャンを思い出す。

 * 髪は、やはりお年頃なのであろう、少々シースルーに成りつつあるので
     短い髪にパーマをあてている (よく白髪染めのお手伝いをしてあげる)
   とてもいい効果だ!フンワリ見える
 
 * 手は後ろで組む(基本形)

 * つい何年か前まで内職をやっていたが、
               手元が震えるので諦めて畑仕事に専念している。
手元が震えるのが気の毒でしょうがない。でも、見てると自分までがツラレて震ってきちゃうんだよなぁー 

 お出掛けバージョン

  元々は とーってもお洒落サンなので お出掛けの時は
    見事に 変身 するっ




    


    え、、、、、

 

オッチャンじゃーーー んっっっ!!

    いやいや、コレはワシの絵の力量不足。本当はお洒落サンなんだよーぅ
  お出掛けの時は うーーんと 上等!!
(自分で言うんだよぅ 上等の服だ!とね)の服を着て
  オッシャレーメガーネをかけて(茶色でグランデーションになってるやつ)
       友達が迎えに来てくれるのを早くから外で待ってる。

 いつもお出掛けの時は出がけにお声がかかる。
  幾つになってもお洒落サンはステキだ! 

     「この服にこの色はいいだろ?!」
 
「上等なダイアモンドのネックレースをしようと思ったけど、手が震っちまって後ろが
  ややっこしいから、コノ上等の何処やら行った時の土産のやつにしたわ
   この服にこのペンダントは映えるじゃろ?! どうじゃ ええもんやろ?!」

   
        素敵ですぅっ!! 

ネックレースをね、やってあげるから持ってきなって言ったらね、取れなくなっちまうからいいんだ。だって 取ってあげるのにさ

      オバチャンシリーズ 気に入って ついやってしまいました。

  そ〜んなオバチャンが 大好きでぇ〜す

 うまくまとめたようでも、本人には 絶対!!見せられないな、、。又、、どえらい勢いで怒られる、、。


田舎の近所付き合い [ご近所さん]

 
 ホニャんちの家の前のオバちゃんは(75歳くらい)
  私に聞いて欲しい話しがあると 私が車で出掛ける時か帰ってくる時を待ってる。

  玄関を出た瞬間 ぴしゃっっと窓と網戸を同時に
   素早く開けて話しかけてくる。
    
 昨日の話し

 「 今朝な、田んぼ行ったらよーぅ テッス(ティッシュ)がよぅ、まるまる1箱使って
  あるぐれぇーのテッスがよー ほかってあってなぁ(捨ててある)
   あっ!こーりゃもしかしてと思って 箱にもいっぺー(いっぱい)詰めてあったんを
    ほじくりかえしてみたらよ〜うふふっ
    やっぱりサックが入っとったわぁーうふふ

  

  ほじくりかえすなぁーーーーーっっっっ

 ついでに言わせてもらおうかな

 たまごっちはぁーー生きてませんからぁーーーっっ!

            いくら教えてあげても聞く耳もたないんだもんなぁ〜

 ついでのついで 前のオバちゃんじゃなくって あっちゃのオバちゃんっ!!

 合わせ鏡で外を見てるのはヤメなさぁーーい!

 
 このオバちゃんのオッチャンの方にも

 車を運転しながらっ入れ歯を出したり入れたりするのは やめれぇーー
  

  対向車が見たら 驚くぞー (噂に聞いてたが まともに見た時は驚いた)

 ちょいと 厄介なオバちゃんにもっ

 いっくら歯が丈夫が自慢だからって!朝市に出す栗を
  歯で剥くなぁーーっっっ!!

  しかも、朝市で自慢してるんだもんなぁ〜
    わしゃーこの栗 歯で剥くんだ!とな、、、誰も買わねーぞ

  

                ふぅ〜 田舎の付き合いも大変なのだぁー

   でも、ご近所の皆さんには可愛がってもらって感謝しているのだぁー
   


nice!(18)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ご近所さん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。